藤田ワークスNEWS

作業計画

こんにちは 🙂

今回は、作業計画についてお話したいと思います 🙂

作業計画とは一般的に企業が生産計画の一部として作成する計画で、個々の作業者あるいは機械に対し、

具体的に作業の内容、開始時間、終了時間を決定・指示するための計画のことを言うのだそうです 😕

そこで、先月から行っている活動を紹介します!

私のグループでは、設備を一人一台任され毎日加工をしています。

設備の大きさや能力によって製品の加工範囲を決めていますが、設備の能力基準だけで振り分けを行うと

作業者の熟練度によって完了時間に差が出てしまいます 😐

そこで、経験の浅い方を対象に作業計画書を毎朝提出してもらい

その日は何時に完了するかを把握して進み具合や計画の立て方を見てみようと作業計画書を作りました 😛

それがこちらです!

 

簡易的な計画書ではありますが、

毎日仕事の量が変動するので計画を立て予定通りに完了させるのはなかなか難しいです 🙁

しかし、計画を立てることは非常に重要だと再認識しました!

この計画書を書くことで自分の力量を知るいい機会にもなります。

個人の力量を把握することもとても重要で、各作業者のスキルに合った製品振り分けをしないと工程がうまく回らなくなってしまいます 🙁

そこで、個人の力量を把握することも重要だ!という事で、

更に細分化するために2時間おきの加工件数・個数を記入していき、時間単位での加工可能件数を把握出来ればと思い別のシートを作りました。

この実績書は2時間おきなので、その2時間で作業効率は良かったかなど色々なことが細かく分析でき反省や改善がすぐできるようになると思います!

物量の変動がありますが、少しずつでも加工数が増えたり作業効率が上がったりして作業者の自信に繋がってくれるといいなと思います 😆

 

チームKUBO  M・H

 

 

関連記事