藤田ワークスNEWS

塗装ブース水交換

皆さんこんにちは 🙂 チームWの和です。

 

今回は、塗装ブースの水交換についてご紹介します。

まずは塗装ブースについて簡単に説明します。

現在使用中のエアーバランスブースは、囲い型ブースと言い

排気ファンの吸引力で塗料ミストを吸い水槽(水膜)に衝突させ塗料ミストを捕集します。

水槽はpH値9~11で管理しているので、捕集した塗料ミストは化学反応で固まり

スラッジとして水槽内に浮上します。(適時除去)

 

さて本題の水交換ですが、浮上してくるスラッジを適時除去していても

半年ほどたつと・・・・

水は汚れ、ブース奥の隠れた部分はスラッジが沈殿し、塗装ブース本来の力が発揮できません 😯

そこで、業者さんに水と沈殿したスラッジ回収を依頼します。

水が無い状態でしか清掃できない部分もこの時行います。

次に水を貯めるのですが、pH値を9~11にするために

スーパーアルカリ電解水を入れます。

※このスーパーアルカリ電解水は会社の色々な所で活躍しています。

最後に水を貯めます。

二時間程で満水。綺麗な水槽になりました 🙂

このままの状態であってほしいですが、

明日からもガンガン塗装していきたいと思います。