EN
EN

Blog

2018年度社長メッセージ(代表取締役 藤田 幸二)

トピックス 2018年4月5日

2017年度は、お客さまの業績好調に支えられ過去最高の売り上げを達成しました。これもひとえに、グローバルに活躍されるお客さまとのお付き合いに恵まれたことと、社員とビジネスパートナーの皆さまの努力の賜物です。

心から感謝申し上げます。

 

2018年度はオンリーワンから“ダントツナンバーワン”に進化します。

 

≪2018年度メインテーマ

“安全”“安心”“快適”“わくわくするほど楽しい藤田ワークスの実現”

皆さんと共に築いてきた実績と付加価値は藤田ワークスの大きな財産です。2018年度は働き方改革を推し進め、皆さんに“ゆとり”を還元します。

 

≪2018年度最重要施策≫

☛ 新工場・新設備稼働と新組織体制による安全・安心・快適職場の構築

☛ Q.D(クオリティー.デリバリー)ブランド、プライドの継続

☛ 支援システムによる「生産性向上の見える化」と「原価低減管理構築」

☛ 自由闊達なアイデアによる生産性30%向上(特に溶接工程増強)

☛ 売上比率の分散化

  • 電解漕ビジネスへの安定供給
  • エアロビジネスの受注拡大
  • ホームドアビジネス等の新規分野の受注拡大

☛ 月平均残業20h以内達成

☛ 生産性向上で得た付加価値を皆さんへ還元

 

「Good company, Good life」??

藤田ワークスは、日本の精密板金業界の一流企業として認知されています。「売り上げも順調に推移し、今年は最高益も出ている。社員も良く頑張っているよな!」と満足していて良いのか?

グッドでは、グレートにはなれない。つまり、偉大(Great)な企業になれないのは、ほとんどの企業が、そこそこ良い(Good)に甘んじているから。

 

異端は邪道ではなく、先進・先端です。異端児の集まりがFWです!!

「“ダントツナンバーワン”でないと“グレート”にはなれない。」

Great company, Great life

 In the same boat : 同じボートに乗ろう!

 

関連記事


Internet Explorerでは閲覧できない内容がございます。その他のブラウザをご利用ください。