藤田ワークスNEWS

社内勉強会について

当社では各グループのグループ長、サブリーダーが
A班、B班、C班と3班に分かれ『ほうれんそうの勉強会』を実施しています。 
『ほうれんそう』とは『報・連・相』で、『報告・連絡・相談』を意味します。
この方法を正しく行うことが重要で、業務を円滑に遂行する為に必要な一連の動作です。
houren1[1]-1
報連相の目的としては、以下の様な事があげられます。
仕事の問題点、結果などを知らせる事で、指示された仕事の進捗状況を伝える事が出来る。
作業の方向性の確認、効率的に作業を進める事へのアドバイスや指示を得る事が出来る。
情報整理の方法を学ぶ事により、自己中心的な考えの方向性を正して、組織を向上する事が出来る。
今日はA班の報連相勉強会でした
CIMG1223-1.jpg
各自、事前に課題を行い、グループディスカッション(合議)している様子です
CIMG1230-1.jpg
『報・連・相』を効果的に行うには『気配り』、『目配り』といった他人に対する思いやりが大切かと思います。
そして、その為に前提として、職場の雰囲気作りや人と人との接触を増やして、円滑なコミュニケーションが
できる土壌を醸成しておくことが必要と感じます
by うっちー

関連記事