藤田ワークスNEWS

アメリカ視察予告編

おはようございます。代表の藤田です。

4月8日から25日までアメリカ東西海岸とシカゴを視察してきました。その前半ダイジェスト版です。

まずは、シアトルにあるボーイング社エバレット工場(1,000m×500m:ギネス記録、世界最大容積の工場)です。とにかくその大きさには圧巻されます。

今回はカートでの案内でしたが徒歩での工場見学はとても難しいです。

 

B787機材カーボン(日本製)メインボディ。

遥か後方に新型B777Xの主翼と垂直尾翼が見えます。

 

航空博物館に再現されたボーイング社初期工場の様子。

 

なんと、フレームは木製です!

 

アマゾン本社ビル1階にあるAmazon go初号店

(品物を選びゲートを通ると決済が終わるレジ無しの無人店舗!)

 

シカゴにある、トルンプ社のスマート工場

オペレーター室 (先駆け的な無人工場)

 

工程毎と全米工場の進捗をリアルタイムに示す

ダッシュボード

 

おなじみのパイプ加工です。

自電車のフレーム。なるほど!

 

2年前に伺ったアメリカの印象と全く違い実に開放的でアメリカの先進性と懐の深さを改めて感じました。

お伝えしたいことは、山ほどありますが、詳細は出張者メンバーからの報告を楽しみにしておいてください。

 

 

関連記事