藤田ワークスNEWS

異業種交流改善発表会

今週末(3/2)15時10分より『第二回異業種交流改善発表会』があります。
昨年、10月28日に第一回が開催されました
DSC03198.jpg
その模様は前のブログ(10/31アップ分)でご紹介しておりますので、お時間ありましたらご確認下さい。
そもそも、異業種交流とはなにかといいますと、弊社に協力いただいております
ビジネスパートナー様と更なる交流を深め、密な連携を取る目的があります
発表の詳細に関しては近日ブログにアップします。
乞うご期待ください
うっちー


小集団活動 「打ち上げ」

前回、小集団発表会について載っていましたが
その後、結果がでて打ち上げが行なわれましたのでご報告します。
今回の順位は
   1位 MJS(窓口、受注、設計)
   2位 キカクシエン(企画支援Gr)
   3位 KKS-21(k経費、kコスト、S削減をテーマに-21%)

どのチームも改善内容がしっかりしていて、なかなかの接戦でした
1位だったチームが、なんとも偶然自分達のチームでしたので打ち上げを風景を載せさせてもらいます。
病み上がりで発表前日に頑張って資料作成をしていたH君も大喜びです
東-2
              
MJS 007-H
これからも みんなで協力しながら頑張っていこうと思える一時でした。
MJS 003全体
今回で活動は終わりではないので、継続してどんどん結果を出して行きたいと思います。
  byなべやん


溶接理論教育説明会第2弾(実技)

今回は溶接理論教育説明会第2弾という事で実技講習が行われました
始める前に今回の実技の内容を講師のI氏より説明があり、実技スタート
逕サ蜒・013_convert_20120223184359
I氏が用いたサンプルを使い、ピンホール(穴)やクレーターの概要を細かく説明して頂きました
逕サ蜒・017_convert_20120223185311
溶接終端部に出るクレーターの最適な処理方法をI氏の実技から1つでも盗もうと受講者は必死に観察しています
逕サ蜒・021_convert_20120223190402
技術の伝授という事でI氏の教わりながら各自実技中
来月には学科と実技の試験が行われるので受講者は頑張ってます
定期的に勉強会や試験を行う事で、切磋琢磨し技術の底上げをはかっていますので、
今後の溶接工程のスキルアップが楽しみです
     by たなぴー


工場間移動手段

藤田ワークスは道路を挟んで2つの工場があります
霧島工場・国分工場と呼ばれています
道路向かいならすぐ近くかと思われるでしょうが、意外に距離があるのですよ
霧島工場の2階からみた国分工場です
目の前の白い建物ですね
距離感2Fより
そこで移動手段として活躍するのが自転車です
歩くより断然早いので、重宝しております
自転車2
道路を渡るときは一旦停止
工業地帯なので交通量は多くないとはいえ、油断禁物です
道路前2
そんな愛すべき自転車ですが、難点といえば
今の時期、寒い(=△=)ことですね・・・
厚着してめげずに愛用しますよー
写真&文:2F事務員


工場長が! ベトナム視察報告

さる2月14日に、当社工場長がセミナーの演台に登壇しました。
昨年の11月下旬に、鹿児島県の三工業会(機械製缶、精密板金、金型治工具)主催の
ベトナム研修視察へ行った報告会です。
海外への販路拡大や拠点化などがテーマです。
kousa2_20120217123347.jpg
セミナーは、4つの事例7名の報告会です。
その中で、25分間と最も長い時間を与えられ、大いに吼えまくっておりました。
会場からは、頷きあり、笑いありとなかなかの反響でした。
工場長も気合が入ったせいか、10分ほど時間オーバーで話をしてました。
kousa.jpg
報告内容も写真を多く活用されており、見た目でわかりやすいのと、
発表の論点も良かったことです。
「必ずしもベトナムは拠点として安心というわけではない!」
なんとも頼もしい工場長でした。
byあっきー


溶接理論教育説明会

今回は、先日行われた溶接条件の理論教育説明会を紹介致します
ACE・SJ・宮崎の3グループの溶接担当者とPT担当者、全21人
20120215183237869s_20120217194355.jpg


まずはPT検査プロフェッショナルN氏講師による溶接欠陥有無の検査方法・検査手順・原理の説明
溶接
次に溶接プロフェッショナルI氏講師による溶接欠陥(ピンホール・アンダーカット等)の概要・原因・対策についての説明
最後に日本溶接協会のTig溶接状況ビデオをみて講義が終了しました
全体
みんな真剣そのもの
約1時間半と短い時間ではありましたが、溶接に関する知識と技術の向上と、グループ同士のコミュニケーションもとれ、とても良い時間を過ごす事が出来ました
また、後日学科試験・実技教育もあるので再度復習して自分のモノにし、一発合格したいと思います
by


当社制服について ズボン編

以前ブログで紹介しました、当社オリジナルの制服がありますが
                  
DSCN0513_convert_20120214141224.jpg
我が社では、作業服のズボンは
         
DSCN0514_convert_20120214141425.jpg
そう 「ジーパン」なのです
ジーパンは、1870年ゴールドラッシュに湧くアメリカの鉱夫(鉱山労働者)達が愛着していたそうです
生地が厚く丈夫な作りで出来ている為、我が社は当初の時から
ジーパンを作業服として着用しています
従業員の皆さんからも好評でけっこう気に入って着用しています
他ではあまりジーパンを作業着にしている会社は少ないのではないでしょうか
今後も藤田ワークス独自のスタイルを築き、他社との差別化を図っていきたいと思います
By ふくぞん


チーム薩摩伝は繁忙期に突入

社内ではチーム薩摩伝と言うチームでの取り組みを行なっております
社内の年間イベント活動を行なったり、薩摩伝の中で、新たな取り組みを提案、実施したりします。
以前はチーム龍馬伝の名で2年前に発足致しました。その名の由来は、経営品質活動のベストプラクティス企業
から学ぶ「ベンチマーキングin高知」から始まり、経営品質賞を受賞している、ネッツトヨタ南国株式会社さんや
四国管財株式会社さんの視察に行き、そこで、顧客満足・従業員満足を中心とした経営や、従業員としての新しい
リーダーシップのあり方を教えられ、考えさせられた事がきっかけとなり高知にちなみ「龍馬伝」となりました
が、鹿児島人らしくあるためにその後現在の「薩摩伝」として改名されました
DSCN0803_convert_20120210192714.jpg
2年前に行なわれたFWと昭南病院との合同ベンチマーキングin高知で撮影した坂本龍馬像前での写真
CIMG1379_convert_20120210194057.jpg
和やかなムードで今後の新入社員歓迎イベントへ向けての作戦会議
CIMG1377_convert_20120210194908.jpg
身振り手振りで発言し意見を述べるT.I さん
4月には新しい仲間9人が入社します。ぜひブログをご覧の新入社員の皆さん私たちチーム薩摩伝は
新しい社員の皆さんと楽しく、気持ちよく仕事が出来るようにいろいろな企画を準備しています。
次回の薩摩伝の動向をおたのしみに
by かねやん


歩留まり

私が所属している、1ST STAGEグループでは、『歩留まり』と日々闘っています
そこで今回は『歩留まり』とは何か、簡単に説明致します
『歩留まり』とは、1枚の材料に対して、どれだけ製品を配置し生産できるかということで
その製品生産数の比率を『歩留まり率』と言います。その歩留まり率をいかに上げれるかが
とても重要になってきます
そこで2つ作りましたので、ご覧下さい
まずこれは、製品を同じ方向で配置したものになります
002.jpg
製品数は216個配置出来ました。
次に、製品を180度回転させたものを抱き合わせて配置させました。
001.jpg
製品数は312個配置出来ました。
このようにひと工夫加えるだけで、歩留まり率を上げることが出来ました。
配置する製品の形状は様々で、いつも作業者は頭をかかえております。
こんな感じで・・・・
s-image.jpg
1ST STAGEグループは歩留まり率向上を目指し、頑張っていきます。
by やーたく


新規設備紹介

当社にYAGLaser溶接機が入ってもうすぐ1年になります。
ロボットによる溶接となる為、どうしても納期が必要であったり、
量産品への適用が多かったのですが
もっともっと、お客様のご要望に素早く対応すべく当社も、
柔軟でフレキシブルな対応を目指して、ハンディタイプを設置しました。
 TrulaserHandy」です。
CIMG1740.jpg
   TrulaserHandy1
今後は溶接に対する更なる可能性が増えて来る事でしょう。
まずはいろいろな条件出しと強度試験からになります。
実際の溶接等は次回紹介いたします。お楽しみに
byはるさん