2018年度挨拶(取締役CFO 吉村)

2018年度(第29期)がスタートしました。

2017年度の売上高は当初計画を上まわり、前年対比120%超と過去最高となりました。

特に下半期は急激な受注増となり、ビジネスパートナーの皆さまには無理なお願いもあったと思いますが、快く対応いただきました。ありがとうございました。

スタッフの皆さんも本当にお疲れ様でした。

 

ブログでも紹介されている通り2018年に入り生産設備の投資を実施しています。3月竣工予定でした工場は、4月以降になってしまいますが、2018年度は、これらの設備投資効果と業務改善、新規事業への取り組み等により生産性と付加価値を高められるように取り組んで参ります。

 

CFO(Chief Financial Officer)に就任して以降おかげさまで業績も財務内容も順調に推移しています。しかしこれまでの経験でも好調な業績がずっと続く訳でもありませんので、危機感をもって業務に取組み、今後もお客さまやビジネスパートナーさまには安心して取引していただけるように、スタッフ・家族の皆さまには協力していただき、働き方改革も含め安心して仕事が出来るように引き続き企業価値を高める努力をして参ります。

2018年度も宜しくお願い致します。


2018年度社長メッセージ(代表取締役 藤田 幸二)

2017年度は、お客さまの業績好調に支えられ過去最高の売り上げを達成しました。これもひとえに、グローバルに活躍されるお客さまとのお付き合いに恵まれたことと、社員とビジネスパートナーの皆さまの努力の賜物です。

心から感謝申し上げます。

 

2018年度はオンリーワンから“ダントツナンバーワン”に進化します。

 

≪2018年度メインテーマ

“安全”“安心”“快適”“わくわくするほど楽しい藤田ワークスの実現”

皆さんと共に築いてきた実績と付加価値は藤田ワークスの大きな財産です。2018年度は働き方改革を推し進め、皆さんに“ゆとり”を還元します。

 

≪2018年度最重要施策≫

☛ 新工場・新設備稼働と新組織体制による安全・安心・快適職場の構築

☛ Q.D(クオリティー.デリバリー)ブランド、プライドの継続

☛ 支援システムによる「生産性向上の見える化」と「原価低減管理構築」

☛ 自由闊達なアイデアによる生産性30%向上(特に溶接工程増強)

☛ 売上比率の分散化

  • 電解漕ビジネスへの安定供給
  • エアロビジネスの受注拡大
  • ホームドアビジネス等の新規分野の受注拡大

☛ 月平均残業20h以内達成

☛ 生産性向上で得た付加価値を皆さんへ還元

 

「Good company, Good life」??

藤田ワークスは、日本の精密板金業界の一流企業として認知されています。「売り上げも順調に推移し、今年は最高益も出ている。社員も良く頑張っているよな!」と満足していて良いのか?

グッドでは、グレートにはなれない。つまり、偉大(Great)な企業になれないのは、ほとんどの企業が、そこそこ良い(Good)に甘んじているから。

 

異端は邪道ではなく、先進・先端です。異端児の集まりがFWです!!

「“ダントツナンバーワン”でないと“グレート”にはなれない。」

Great company, Great life

 In the same boat : 同じボートに乗ろう!

 


春の全国交通安全運動

こんにちわ!

チームS5のNYです。

さて4月6日(金)~15日(日)の10日間『春の全国交通安全運動』が始まります。

目的:『本運動は,広く国民に交通安全思想の普及・浸透を図り,交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに,国民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより,交通事故防止の徹底を図ることを目的とする。』内閣府Webより

だそうです 😀

この時季は慣れない道を通勤、通学で通る方も多いと思います。

日頃以上に安全運転に気を付けたいですね。

 


グループ懇親会

はじめまして 🙂

今年度からブログメンバーになりましたチームS5のReeです。

先週末、グループの懇親会を行いましたので紹介致します。

知る人ぞ知る鹿児島の名物『炊き肉 牛ちゃん』

そして、今回は特別に藤田社長もご参加くださりとても盛り上がりました 😆

こちらが懇親会の様子です↓↓

懇親会の意味を調べてみたところ・・・

『参加した人々が互いに知り合い、また親しみを深める会(コトバンク引用)』との事でしたので、

これからも定期的に開催して親交を深めていきたいと思います。

本日から新年度ですので、気持ちを新たにグループ皆で力を合わせて頑張りたいです。


2017年度振り返り

皆さんこんにちは 🙂

2017年度も明日で終わりです。

さ~今年度を写真で振り返ってみましょう。

     

    

人・季節・設備と色々な出会いと別れが特に多いと感じる一年でした。

まだまだ沢山の思い出写真があるのですが、収まりきらないので

興味のある方は、過去ブログの方も見てみて下さい。

 

そして2018年度もいよいよスタートです。

新組織・新工場・新設備・気持ちも一新頑張っていこうと思います。

チームW 和

 

 


出会いと別れの季節

こんにちは。

チ-ムWのNです。私も今回のブログで2年を迎えるのでブログ担当を卒業となり

今回が最後の投稿となります。

今回は、昨年の8月から今年の3月末まで溶接、仕上げ工程に配属になっていたH君が

4月から曲げ工程へ移動になるので少し紹介したいと思います。

H君の作業風景です。

半年ほど溶接をしていたのですが、初めのころは溶接光で目を焼いたり

慣れない作業で大変だったと思いますが、最近では作業にも慣れて

自分の出来る仕事を進んでこなしてくれていたので助かっていました。

 

これからは、曲げ工程で今まで学んだ事など生かしてもらえたらうれしいです。

今年の4月は、会社全体での新チ-ム発足や多数の移動などあるので

新天地へ行かれる皆さん頑張ってください。

 


導入設備の紹介

どーもーチームWの龍です。

桜の咲く季節となり2年満期のブログ担当から卒業することになり

今回で最後の投稿となります。

霧島新工場建設にあたり、引っ越しした桜の木も新しい新天地に根付き

見事な花を咲かせております。

只今、満開で見頃です。

来週、花見が計画されていますが少し花が残っていることに期待します。

さて、溶接工程の方へ新しい溶接ロボットと溶接定盤が仲間入りしたので簡単に紹介いたします。

パナソニック社製の溶接ロボットです。

ロボット6軸ポジショナ2軸で動作します。

Tig溶接とMag溶接がトーチ交換で可能な仕様となっております。

ロボットならではの安定品質を提供できます。

次に穴だらけの溶接定盤ですが、こいつはかなりのすぐれものです。

こんな感じで固定して

逆反りさせて溶接すると

ひずみません。

社内用のはしごを製作した際も拘束させて溶接してみました。

たったこれだけの拘束ですが

じっくり溶接しても

反らずに溶接できました。

どんどん使いこなして低ひずみ溶接に貢献して行きます。


下段取りのエース!

こんにちは!チームHIRAのHAMAです!

今日は1STグループの中の下段取りの「皿モミ」工程の紹介をさせて頂きたいと思います。

今、卓上ボール盤という機械で作業をされているU氏です。

皿モミの一番の目的はネジの出っ張りをなくす作業です。

「皿モミ」は、皿頭のねじ部品頭部を沈めるためのスペースを作る事です。
ザグリは円筒ですが、皿もみは円錐になります。

下の写真が皿モミ前と皿モミ後の写真です。

 

次にこちらの下の写真がザグリの写真になります。

正面から見たとき

横から見たとき

U氏とは同期でもあり下段取りの仲間で分からない事は教え合いながら共に作業をするので

これからもお互いに切磋琢磨して頑張っていきたいと思います。


曲げの設備紹介

みなさん、こんにちは!

今回は、私の所属する曲げ工程の設備の一部を紹介します 🙂

曲げ工程には大小さまざまな設備がありますが、今回は主力となるTruBend7036を紹介します 😀

2009年に導入された初号機のTruBend7036がこちらです 😆

そして2017年に2台導入し、今年2月に新たに2台導入されました!

こちらが2月に導入された2台です 😆

2009年から2018年でTruBend7036保有数は5台となりました 😛

5台並んだ姿は圧巻です!

このTruBend7036の魅力は、加工スピードとデータ共有です!

データ共有ができて加工スピードも速いので生産性が上がり残業削減に繋がりました 😆

これからも工程を支えていける様に日頃のメンテナンスをしっかり行い大切に扱っていきます 😛

 

チームHIRA   M・H

 

 

 


親睦会

みなさん、こんにちは

少しづつですが、日中暖かくなってきましたね。

新年度から親睦会のメンバーが入れ替わる為、

今月の初旬にメンバー同士の顔合わせを行い、年間行事打ち合わせをしました。

最初の行事は、もうすぐ4月という事で新入社員が入社してきますので、

花見&新入社員歓迎会を4/7日に行なう予定なので、成功させたいです。

ちなみに、新工場に伴い場所移動したさくらも無事に咲きました。

チーム HIRA 秀